Cav Empt がディストピアな空気感漂う2019年春夏のルックブックを公開

ブランドが乱立する中、ストリートでカルト的な人気を誇る〈Cav Empt(C.E)〉が2019年春夏シーズンの全貌を紐解くルックブックを公開した。

新シーズンはサイバーパンクなグラフィックや染色のアクセント、機能性を考慮したテクニカルな素材などにより、近未来的ながらもどこかディストピアな空気感が漂う。Toby Feltwell(トビー・フェルトウェル)とSk8thing(スケートシング)の化学反応による他を圧倒するグラフィックワークは今季も健在で、高級感のあるスエードダウンや「3M」の反射素材を用いたブロックパターンのクルーネック、シミのような柄のトラックパンツなど、確かな個性がありながらもワードローブに馴染むアパレルが多数ラインアップしている。

〈C.E〉の2019年春夏コレクションのルックブックは、上のフォトギャラリーから。また、一部アイテムはすでにオンラインストアや取扱店舗にデリバリー済みなので、気になる方はお早めに。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けするその他の最新ファッション情報は、こちらから。