Chance the Rapper がドライバーに扮するドッキリ企画 “Undercover Lyft” に登場

Kanye West(カニエ・ウェスト)をプロデューサーに招聘した次期アルバムのリリースが待ち遠しいChance the Rapper(チャンス・ザ ・ラッパー)だが、音楽活動と並行して社会貢献活動も勢力的に行なっており、先日は自身の出身地であるシカゴのメンタルヘルスサービスに100万ドル(約1億円)寄付することを発表した。そんな彼が、米国のライドシェアサービス「Lyft」のドライバーに扮するドッキリ企画“Undercover Lyft”に登場。

今回の出演に繋がったのは、自身が設立したチャリティー団体「Social Works」の新しい活動の一つ、“The New Chance Arts and Literature Fund(ザ・ニュー・チャンス芸術文学基金)”へ「Lyft」が行っている利用料金の一部を寄付できる“Round Up & Donate”のシステムを提携したことがきっかけ。

動画では、彼がニット帽とサングラスを纏い、正体を隠して登場する。何も知らずに乗り込んだ利用者は、彼の正体に気がつかないまま会話を楽しむ者もいれば、「Do you know who you are?」と、思わず本人に本人確認してしまう、コントみたいなトークも勃発。是非上のビデオクリップより、車内で繰り広げられた名コントを楽しんでみてはいかがだろうか?

『HHHYPE』がお届けするその他の音楽関連のトピックもお見逃しなく。