CHANEL のランウェイに突如 YouTuber が乱入し騒動に

〈CHANEL(シャネル)〉の2020年春夏コレクションのランウェイに、突如謎の人物が乱入するという前代未聞の珍事が発生した。事件が起きたのは、ショーのフィナーレ。〈CHANEL〉風のツイードジャケット&スカートを着用した女性が客席からキャットウォークに飛び乗り、モデルたちの間に割り込んで、闊歩しはじめたのだ。モデルを気取った歩き方は観客の目にとまり、一時会場は騒然。列を乱し、カメラの前でポーズまで取り出す始末だったが、最終的にはランウェイに参加していたモデルのGigi Hadid(ジジ・ハディッド)がスマートに外へと追いやり、撃退することに成功した。

彼女の正体は、Marie S’Infiltre(潜入者マリー)の異名で知られるコメディアンで、YouTube登録者数も22万人を超える人物。先日は〈Etam(エタム)〉のランジェリーショーにも乱入し、Cindy Bruna(シンディ・ブルーナ)の後ろを歩く自身の姿をInstagramに投稿していた。

潜入者マリーの行いは、奇行以外の何物でもない。ランウェイはブランド関係者はもちろん、その他多くの協力者がいてこそ完成するもので、ファッションの歴史を紡いでいく大切な“行事”である。そもそもなぜこのような人物が会場に紛れ込めたのかも謎であるが、まもなく開催される「Rakuten Fashion Week TOKYO」では、くれぐれもこのような事態が起こらないよう祈るばかりだ。