自転車をバックボーンに持つ CHARI&CO より2019年春シーズンに向けた最新ルックビジュアルが到着

日本語で自転車を表す“チャリンコ”を名前の由来に持ち、2008年にニューヨーク・ローワーイーストサイドの一角にオープンしたサイクルブランド/ストアの『CHARI&CO(チャリアンドコー)』より、2019年春シーズンに向けた最新ルックビジュアルが到着。

2018年秋冬シーズンのルックビジュアルではブランドにとって初めて東京にて撮影を行った『CHARI&CO』だが、今シーズンは改めてブランドの拠点であるニューヨークにて、設立11年目となる最新コレクションを表現。そのラインアップには、フーディーやスウェットといったトップス類をはじめ、ライトアウターやボトムスなどといった機能性に優れたデイリーに着用できるストリートウェアの数々が並んでいる。まずはそのビジュアルを上のフォトギャラリーから確認し、気になるアイテムをオンラインストアからチェックしてみよう。

『HHHYPE』がご紹介するその他のファッション関連ニュースの数々もお見逃しなく。