Children of the discordance とヤマハ発動機のタッグによるコラボオートバイ Over にクローズアップ

2017年に「TOKYO FASHION AWARD」を受賞するなど、業界が熱視線を送る〈Children of the Discordance(チルドレン オブ ザ ディスコーダンス)〉。2020年春夏シーズンのパリと東京でのファッションウィークでは、「ヤマハ発動機」とのコラボレーションを発表し話題を呼んだ。本稿では、一見交わることのないような両者が取り組んだコラボオートバイ Overにクローズアップする。

異色ともいえる今コラボでは、シンプルで美しいデザインと鼓動感のある単気筒エンジン、キック式スターターなど普遍的な味わいで1978年の初登場以来、ファンに愛され続けるロングセラーのオートバイ SR400をベースに採用。Overと題された今オートバイのテーマはズバリ“服”。「ヤマハ発動機」独自の開発思想である“人”と“機械”を高い次元で一体化させることにより、“人”の悦び・興奮をつくりだす“人機官能”にインスパイアされた〈Children of the Discordance〉のデザイナー 志鎌英明が、その人と機械の一体感から生まれる悦びや、自身の愛車への愛情を表現したプロダクトとなっている。

オートバイの燃料タンク、シート、フェンダーが、ブランド独自の世界観を色濃く反映した“服”をまとい、SR400の魅力をより引き立てる。これらは、ミリタリーテイストのボディバッグやバックパックとして、ライダー自身も身につけることができる仕様に。上のプレイヤーから気になるデザインのディティールを早速チェックしてみよう。

『HHHYPE』がお届けするその他オート関連の情報もお見逃しなく。