クラシック Mini のレトロな風貌はそのままに最新技術を用いて電気自動車化したスペシャルモデルが発表

2018年3月28日(現地時間)に開幕した「ニューヨークモーターショー2018」の開幕直前、3月27日(現地時間)に「MINI」がクラシックMiniを最新技術で電気自動車(EV)化させたオンオフモデル、“Classic Mini Electric”を発表。「ニューヨークモーターショー2018」にて初公開となる。

小ぶりなサイズ感とチャーミングなデザインで一部のコアファンから絶大な支持を受け続けうるクラシックMini。今回発表されたClassic Mini Electricにはガソリンエンジンや燃料タンク、給油口の代わりに最新の電気モーターやバッテリー、充電用プラグが搭載され、オールドスクールな見た目とは裏腹にEV特有の加速を静寂性を身につけた温故知新な1台に。世界中の車好きたちの所有欲を刺激しているであろうこのClassic Mini Electricだが、これは残念ながら先述の通りオンオフモデル、つまり今回1台のみの特別製作モデルであり、市販の予定はないとのこと。しかし昨年「フランクフルトモーターショー2017」で発表された現行Miniをベースとする“Mini Electric Concept”は開発が続行中であり、こちらは市販モデルとして2019年内には生産を開始する見込み。まずはワンオフモデルの“Classic Mini Electric”のディテールを上から、時代の異なる3台のEV化されたMiniがニューヨークの街を颯爽と走り抜けるスペシャルビデオも下から確認してみよう。

『HHHYPE』がご紹介するその他のクルマ関連ニュースの数々もお見逃しなく。