渡辺淳弥らしい機能性が付与された COMME des GARÇONS HOMME 2018年春夏コレクション

パリの地で発表された〈COMME des GARÇONS HOMME PLUS(コム デ ギャルソン・オム プリュス)〉の2018年春夏コレクションは、 サイケデリックな空間で派手なウィッグをかぶせたモデルたちが踊り出し、彼らに纏わせた洋服の大半が“裏返し”という斬新なデザインで観客を魅了した。だが、渡辺淳弥の手がける〈CdG HOMME〉は180度異なる角度からのアプローチとなり、川久保玲の一番弟子らしい巧みな切り返しによるカラーブロックとテーラリングで、現代的なエッセンスを注入した都会的なコレクションに。中でも、ピンストライプのレインコートや多機能ブレザー、フロントにジップポケットを配置したボタンアップシャツなどは、まさに渡辺氏のデザイン哲学が色濃く反映されたキーピースと言えるだろう。

〈CdG HOMME〉のルックブックは、上のフォトギャラリーから。また、〈COMME des GARÇONS〉は現在、『メトロポリタン美術館』で「Rei Kawakubo/COMME des GARÇONS: Art of the In-Between(間の技)」展を開催中なので、こちらのチェックもお忘れなく。