COMME des GARÇONS の川久保玲がデザインした家具をパリにて展示

〈COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)〉ファンにとって、創設者/デザイナーの川久保玲はファッションの常識を覆してきた革新的な洋服のみならず、その類い稀な才能をもとにインテリアデザインをも手がけてきたことは周知のことだろう。その川久保氏が1983〜1993年の間で製作した40点以上の家具が、現在パリのギャラリー『Galerie A1043』に展示される。会場には“Steel Angle Chair n°1”、“Table n°3”、背もたれの代わりに長いポールが設えられたレザーのスツールをはじめ、生きる伝説がデザインした15点の家具が並ぶとのこと。ギャラリーは今回のエキシビションについて、「川久保氏にとってはすべてが繋がっているのです。ショップがある地区も、服も、レイアウトも、もちろん家具も。これらの家具はその完全なる作品の一部として捉えることができます」と説明した。会期は10月10日から12月22日(現地時間)まで。是非、上のフォトギャラリーより〈COMME des GARÇONS〉のエッセンスが落とし込まれた川久保氏デザインの家具の一部をチェックしてみてほしい。

〈COMME des GARÇONS〉に関する最新ニュースは、こちらからどうぞ。

Galerie A1043
47 Rue de Montmorency
75003
Paris