グッとくる脱力系カルチャーブランド COTTONPAN がデビューコレクションを発表

今季よりコレクション展開を始める〈COTTONPAN(コットンパン)〉は、愛嬌があり、抜け感やゆるさのあるイラストとは裏腹に、そこにヒップホップや映画など後世に語り継ぐべきカルチャーを投影している。これまでは手売りで展開してきた同レーベルだが、80’s〜90’sストリートをメインとしたヴィンテージストアとして業界関係者たちも一目置く町田の『danjil(ダンジル)』とのコラボレーションや、Bad Brains(バッド・ブレインズ)やDe La Soul(デ・ラ・ソウル)にオマージュを捧げる〈SAVNAC(サブナック)〉とのリストウォッチシリーズなど、設立まもないレーベルながら、すでにコアなパートナーとも共同プロジェクトを展開している。

そんな脱力系カルチャーブランドが1stコレクションとして用意したのは、Tシャツ5型。ジャケットシリーズとして展開される本コレクションには、〈COTTONPAN〉のクルーが実際に聴いていたCDやレコード、そしてお気に入りの映画のカバーデザインが、デザイナー/イラストレーターのワタナベヒカリの手によって落とし込まれている。また、Tシャツは全てシルクスクリーンプリントで、多色、調色にもこだわりぬいており、五感を刺激するような表現=カルチャーを着ることを志している。

サンプリングの一例を挙げるのであれば、Guy Ritchie(ガイ・リッチー)監督の犯罪コメディ映画『スナッチ』など。気になる方は、以下のInstagramをフォローして、最寄りの取扱店舗をチェックしてみてはいかがだろうか。

『HHHYPE(ハイプビースト)』がお届けする2019年春夏コレクションの情報は、こちらから。