クリスティアーノ・ロナウドが2年連続でFIFA最優秀選手賞に輝く

「FIFA(国際サッカー連盟)」が主催する年間表彰式「The Best FIFA Football Awards」が今年も開催され、レアル・マドリード所属のFWでポルトガル代表代表のCristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)が、年間最優秀選手賞の“THE BEST”を2年連続で受賞した。

最終候補に残ったバルセロナのLionel Messi(リオネル・メッシ)やパリ・サンジェルマンのNeymar(ネイマール)を抑えて2年連続の栄光に輝いたCR7は、昨シーズンにおける公式戦すべてで46試合に出場し、42ゴールを記録。エースストライカーとしてレアル・マドリードを牽引し、5年ぶりのリーガ制覇と史上初のチャンピオンズリーグ2連覇の立役者となった。

受賞の際に登壇したRonaldoはスピーチ内にて「僕は毎日、穏やかな気分で眠りに就くことができている。それは僕個人としてもチームとしても多くのタイトルを獲得することができて満足しているからね。今回僕に投票してくれた全ての人に感謝したい。それにそこにいるメッシとネイマールも称えるべき存在さ。レアル・マドリードやそのサポーターたち、監督、チームメイト、会長が僕のこの1年を支えてくれた。初めてイングランドにて開催されたこの表彰式で“THE BEST”を2年連続で受賞することができて本当に嬉しく思うよ。偉大な選手たちに囲まれて僕は幸せ者さ。」とその受賞についてコメントを残している。

まずはそのスピーチの様子を捉えた下の映像をチェックしてみよう。その他スポーツ関連の最新ニュースはこちらより。