クリスティアーノ・ロナウドと Nike の10年間に及ぶ超大型契約の詳細が明らかに

セリエA王者・ユヴェントスに所属するポルトガル代表 Cristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)と〈Nike(ナイキ)〉が2016年に締結していた超大型契約の詳細が明らかとなった。

ドイツの週刊誌『Spiegel』によれば、2016年から2026年までの10年間のスポンサー契約(トップクラスのクラブでプレーしている限り有効という条件付き)において、ロナウドは年間1,620万ユーロ(約19億2,000万円)を受け取っているとのこと。それに加えて、さまざまなパフォーマンスボーナスが設定されており、実際に2016年と2017年に年間最優秀選手の称号バロンドールを獲得した際には400万ユーロ(約4億7,600万円)が支給されたようだ。

2018年には契約解消の噂も飛び交っていたが、今回明らかとなったロナウドのスポンサー料が正確であれば、LeBron James(レブロン・ジェームズ)、Roger Federer (ロジャー・フェデラー)、Tiger Woods(タイガー・ウッズ)といった同社が契約している各スポーツ界のスーパースターをしのいで最高額となる。また〈Nike〉との契約に加えて、同選手は所属クラブのユヴェントスから年棒3,100万ユーロ(約36億7,500万円)を受け取っている。

『HHHYPE』がお届けするその他スポーツ関連の情報もお見逃しなく。