クリスティアーノ・ロナウドが所有する Rolex 史上最高額の腕時計とは?

先日開催された「第14回ドバイ国際スポーツ会議」に出席したChristiano Ronaldo(クリスティアーノ・ロナウド)の手首を飾った腕時計が話題を呼んでいる。そのタイムピースというのが、〈Rolex(ロレックス)〉のGMT Master Ice(ref。116769TBR)だ。18カラットのホワイトゴールドと30カラットのホワイトダイヤモンドを備え、価格は同ブランドがこれまで生産した中で最高額となる48万5,350ドル(約5,200万円)を誇る。

本モデルは、ベゼルにプリンセスカットダイヤモンド、ブレスレットにはバゲットダイヤモンドを使用。ダイヤルにもダイヤモンドが波状に配置されるなど、世界最高峰のサッカープレーヤーが所有するにふさわしい豪華すぎる仕上がりに。機能面では、48時間のパワーリザーブを備えたGMTムーブメントCal.3186が採用されるほか、見た目からは想像もできないが、水深100メートルにおいて高いレベルの耐水性を発揮する。

ただでさえ高級な〈Rolex〉の腕時計にこれでもかと言わんばかりのダイヤモンドを敷き詰めたブランド最高額モデルだが、その価格設定はやや強引なのかもしれない。というのも、ステンレススチール製のGMT Master II ref.116710や、18kホワイトゴールドを使用したSubmariner ref.116619といった同ブランドの腕時計をベースに、アフターマーケットダイヤモンドでコーティングした場合、その価格は約50,000ドル(約540万円)となる模様。どうしても欲しい方は、上述の方法でオリジナルの〈Rolex〉ウォッチを作ってみるのもありなのでは?それでも価格は500万円を超えてしまうわけだが……。

『HHHYPE』がお届けするその他〈Rolex〉関連の情報もお見逃しなく。