東京発の気鋭アートコレクティブブランド CULTCLUB より2018年春夏ルックブックが到着

東京を拠点に世界中に散らばる才能をつなぎ合わせるアートコレクティブとしての側面も持ち合わせ、独自の審美眼の元にユニークかつクールなプロジェクトを展開するブランド〈CULTCLUB(カルトクラブ)〉より、2018年春夏シーズンに向けた最新ルックブックが到着。

撮影を担当したのは、アメリカ生まれナイジェリア育ち、そして現在はオランダ・アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファーのPatirck Mordi(パトリック・モルディ)。彼はフォトグラファーとしてだけではなく世界的な活躍を見せるDJとして音楽活動の面においても評価されている人物であり、〈CULTCLUB〉と同氏がチームアップするのは約10年ぶりになるとのこと。同ルックブックには彼と一緒に来日した音楽プロデューサーのFS GREEN(フズ・グリーン)やDJ ABSTRACT(DJアブストラクト)といった面々がモデルを務め、東京のストリートを舞台に光やネオンを強調させた作風が独自のクリエイションを続ける〈CULTCLUB〉の世界観ともマッチした仕上がりとなっている。世界中のアーティストによるアートワークが落とし込まれた〈CULTCLUB〉のアイテムの数々にも必見なその最新ビジュアルは上のフォトギャラリーからご確認を。ビジュアル内にも登場するアイテムの購入はオンラインストアより。

『HYPEBAST』がご紹介してきたその他のブランドによるルックブックの数々も併せてチェック。