ジャン=ミシェル・バスキアのアートワークを落とし込んだ DAEM のウォッチ計3型が登場

アメリカ・ニューヨークのブルックリン地区を拠点とする時計ブランド〈DAEM(デイム)〉より、カルチャーシーンに多大な影響力を持つアーティスト 故Jean-Michel Basquiat(ジャン=ミシェル・バスキア)のアートワークをあしらったコラボウォッチ計3型がリリース。

〈COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)〉や〈Off-White™️(オフホワイト)〉といったブランドとのコラボレーションでも知られ、現在『森アーツセンターギャラリー』にて、日本初となる大規模展が開催されるなど、死してもおその人気はとどまるところを知らないJean-Michel Basquiat。本コレクションでは、そんな彼のアートワークを配したコラボウォッチ計3型がラインアップする。最初のウォッチではBasquiatが敬愛したジャズミュージシャン Charlie Parker(チャーリー・パーカー)の曲タイトルを冠した“Now’s The Time”をフィーチャー。レコードを模したアートワークが文字盤の代わりとして落とし込まれ、バンドはBasquiatがかつて着用していたシャツのカラーウェイであるレッド/グリーン/ブラウンで彩られる。内的経験と外的経験の二分法を表現しているという“Skull”を使用したモデルでは、バンドに“Undiscovered Genius”内のフレーズがプリントされる。最後を飾るのは、孤立した人間の姿を英雄的な表現で描き、大きな闘争を克服することから生じる強さを捉えた“Warrior”。1982年に制作された同作品がフェイスに大胆にあしらわれるほか、レザーバンドやベゼルを縁取る金メッキにより、高級感漂う仕上がりとなっている。

こちらのコラボウォッチは、12月5日(現地時間)より〈DAEM〉のウェブサイトにて販売開始。

〈MAD Paris(マッド パリ)〉の新作カスタムウォッチはチェック済み?