伝説の仕立て屋を起用した Gucci 2017年秋冬メンズテーラリングキャンペーンのティーザーが公開

世界でもっとも人気のあるブランドにも選ばれたイタリアのラグジュアリーブランド〈Gucci(グッチ)〉だが、2018年春夏コレクションのルックがニューヨーク・ハーレムの伝説的テイラー・Dapper Dan(ダッパー・ダン)のデザインに酷似していると指摘され、ブランド側はDanの影響を認めオマージュを表したとして物議を醸していた。そんな両者の間の波風はおさまったようで、同ブランドはDanとコラボレーションしたカプセルコレクションを手がけること、またDanの1992年にクローズしてしまったアトリエの再オープンをサポートする旨を発表。そして今回、〈Gucci〉はDanを起用した2017年秋冬メンズテイラリングキャンペーンのティーザーを公開し、そのファッション界の重鎮と世界的ブランドの関係は良好であることを示した。

撮影はこれまでも幾度となくブランドのキャンペーン制作に携わってきた著名フォトグラファー Glen Luchford(グレン・ルッチフォード)が担当。ハーレムの街が舞台となり、〈Gucci〉のメンズテーラードピースを着用したDanの姿が切り取られた。本キャンペーンのフルフォトセットは今年10月に公開予定とのこと。まずはそのティーザーイメージをフォトロールからチェックしておこう。