ストリートウェアシーンの最重鎮 西山徹が手がける DESCENDANT と adidas Originals がチームアップ

Kanye West(カニエ・ウェスト)をはじめ、Gosha Rubchinskiy(ゴーシャ ラブチンスキー)やPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)、Alexander Wang(アレキサンダー・ワン)、〈White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)〉、〈Hender Scheme(エンダースキーマ)〉らとコラボプロジェクトを展開している〈adidas Originals(アディダス オリジナルス)〉が、日本のストリートウェアカルチャーにおける最重要人物が手がけるブランドとの新たなコラボコレクションを発表。

その相手とは〈WTAPS(ダブルタップス)〉や〈FORTY PERCENT AGAINST RIGHTS®(フォーティー パーセント アゲインスト ライツ)〉を主宰する西山徹が2015年春夏シーズンより手がけるアパレルブランド〈DESCENDANT(ディセンダント)〉。その〈adidas Originals by DESCENDANT〉のデビューコレクションとして〈adidas Originals〉を象徴するアイコン的モデルのひとつであるCampusをベースに、〈DESCENDANT〉のミニマルで洗練されつつも暖かみのある粋なデザイン美学が落とし込まれたフットウェア2足が登場。

この〈adidas Originals by DESCENDANT〉によるCampus計2足は11月15日(水)より伊勢丹新宿メンズ館にて開催されるポップアップストア『NO.813 POPUP STORE』にて世界先行発売スタート。11月18日(土)からは『adidas Originals Flagship Store Tokyo』や〈adidas〉のオンラインショップ、東京目黒区の『DESCENDANT』、『伊勢丹新宿店メンズ館』、『Ron Herman 千駄ヶ谷店』にて一般発売開始。価格は両モデルともに18,000円(税抜)。

まずはそのデザインを西山徹氏自らが履きこなす上のルックからチェックしてみよう。

その他〈adidas〉関連の最新ニュースはこちらより。