DESCENTE PAUSE より素材と機能性にこだわった2019年秋冬コレクションがリリース

多様なスポーツウェアを展開する〈DESCENTE(デサント)〉が、デザイナーに〈AURALEE(オーラリー)〉を手がける岩井良太を招聘したライン〈DESCENTE PAUSE(デサント ポーズ)〉。〈DESCENTE〉がトップアスリートの為に開発してきた技術やハイスペックな素材をベースに、岩井氏のデザインと感性を用いて日々の生活をより快適にするユーティリティーウェアを提案している同ブランドから、2019年秋冬コレクションのルックブックが公開された。

本コレクションでは、裏地に〈DESCENTE〉独自開発の発熱保温素材“HEAT NAVI”を採用した高い保温性を誇るダウンジャケットやコットンライクな風合いでありながらコーデュロイのような柔らかな肌触りの素材を採用したセットアップ、モールスキンのような表情を持つロングベストなど、機能性の高い素材に普遍的なデザインが落とし込まれたアイテムの数々がラインアップ。さらに、今シーズンはブランド初となる小物アイテムも登場する。耐水性のある2L素材を使用した中綿入りのトートバッグは、内装に仕切りを兼ねたファスナー付きのポケットを搭載し、仕分けがしやすい仕様となっている。

こちらの〈DESCENTE PAUSE〉2019年秋冬コレクションは、現在公式オンラインストアにて発売中。まずは上のフォトロールより、最新ルックブックをチェックしてみては。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。