Diesel が完璧を求める現代社会の流れに一石を投じる2018年春夏キャンペーンムービーを公開

世の中の風潮に対して洋服というフィルターを通し、力強いメッセージを提案するプレミアムデニムブランド〈Diesel(ディーゼル)〉より、昨シーズンに引き続き“GO WITH THE FLAW(完璧なんて、退屈だ)”という完璧主義の社会に疑問を問いかける2018年春夏キャンペーンムービーが到着した。

フランス人監督のFrançois Rousselet(フランソワ・ロスレー)が撮影を担当した同クリップでは、イギリスのロックバンドSmall Faces(スモール・フェイセス)のBGMに乗せ、90年代のムードがほのかに香るオーセンティックなアイテムを見に纏った若い男女が、それぞれ自分の不完全な姿を直そうと決意した直後に出会い、恋に落ちるラブストーリーとなっている。また、ビデオゲームで用いられるイースター・エッグと呼ばれる不完全なままでいることを推奨するメッセージが隠されており、実際にこれらのサイトにアクセスすると〈Diesel〉らしいアイロニーが詰まった3つのコンテンツが展開されるとのこと。まずは上より、現代社会に一石を投じる独創的なショートムービーをチェックしてみよう。

また、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)手がける〈Off-White™(オフホワイト)〉2018年春夏コレクションショー“TEMPERATURE”の舞台裏に迫ったドキュメンタリー映像もあわせてご確認を。