UPDATE:メゾンのヘリテージやアートへの情熱を反映させた DIOR ウインター 2019-2020 コレクション

1月18日(金)、ファッションウィーク期間中のフランス・パリにて〈DIOR(ディオール)〉がウインター2019-2020メンズコレクションを発表。

去る2018年11月に東京で2019年プレフォールコレクションを発表したことも記憶に新しいKim Jones(キム・ジョーンズ)率いる新生〈DIOR〉だが、今回のウインター2019-2020メンズコレクションでもKimは創立者Christian Dior(クリスチャン・ディオール)の人生を顧みて、とりわけ当時アバンギャルドとされたギャラリストとしての最初の仕事にフォーカス。

Christian Dior及びKim Jonesのアートに対する情熱が芸術家Raymond Pettibon(レイモンド・ペティボン)とのコラボレーションを通じて反映され、テーマとして“翻訳”のプロセスを設定。アートからファッション、フェミニンからマスキュリン、そして過去から今へ。未来につなぐために、過去が検証され、シルエット、サヴォワールフェール、素材、哲学といったメゾンのヘリテージがKimによって再解釈された。

そののコレクションは、長さ76メートルの可動するランウェイにて発表。巨大な像が設置された過去2シーズンに代わり、そのアイテムに身を包んだモデルたち自身が彫刻のようなポーズで佇み、会場を訪れた人々の視線を釘付けにした。そのコレクション会場の様子及びルックは上のフォトギャラリーよりご確認を。

パリよりオフランウェイの様子をお届けするストリートスナップを含むその他の最新ファッションニュースの数々もお見逃しなく。

UPDATE:〈DIOR〉より、Kim Jones本人が今回発表されたばかりの〈DIOR〉ウインター2019-2020コレクションのクリエイションが自身のマインドについて語るインタビュー映像が到着。さらにはショーに来場したスーパーモデルのKate Moss(ケイト・モス)やNaomi Campbell(ナオミ・キャンベル)をはじめ、俳優のRobert Pattinson(ロバート・パティンソン)、ラッパーのPusha T(プシャ・T)、レゲトンシンガーのJ Balvin(J.バルヴィン)、日本からは三代目JSBメンバーの登坂広臣、俳優の福士蒼汰、インフルエンサーのけみお、芸術家の村上隆、モデルのUTAらといった豪華な面々が〈DIOR〉及びKim Jonesについてのことを語る映像もあわせて到着したので以下よりそれらの映像を確認してみよう。

DIOR WINTER 2019-2020 MEN’S COLLECTION – KIM JONES INTERVIEW

DIOR WINTER 2019-2020 MEN’S COLLECTION – STARS IN DIOR