若さと成熟という相反するテーマを掲げた Dior Homme 2018年秋冬コレクションの舞台裏に潜入

“ユース”をモチーフにした2018年サマーキャンペーンを公開したことも記憶に新しいKris van Assche(クリス・ヴァン・アッシュ)手がける〈Dior Homme(ディオール オム)〉が、パリ・ファッションウィーク・メンズにて2018年秋冬コレクションを発表。我々『HHHYPE』はめったに見ることができないそのランウェイショーのバックステージの潜入に成功、注目のディテールにフォーカスした。

“若さ”と“成熟”という相反するテーマを掲げた2018年秋冬コレクションには、フォーマルからストリートやスポーティなルックまでが満遍なく登場した。中でも軍服を彷彿とさせるダブルボタンのテーラードや、ウエストが引き締まったフェミニンなシルエットのアウターに注目。また、1990年代のタトゥーにヒントを得たというモチーフが所々に投入され、服のパターンや首元のアクセサリー、刈り上げた髪の毛の剃り込みにまで配されている。カラーウェイはブランドのシグネチャーカラーであるブラックを貴重に、レッド、グリーン、蛍光イエローがアクセントを効かせた。『HHHYPE』がいち早くお届けする最新コレクションのクローズアップイメージは必見だ。その他、今季のパリコレ注目のランウェイやバックステージもあわせて確認してみてほしい。