空山基との壮大なコラボレーションが実現した Dior 2019年プレフォールコレクション

去る11月30日(金)、東京湾岸沿いのテレコムセンターにて、新生〈Dior(ディオール)〉を率いるKim Jones(キム・ジョーンズ)がメンズファッション史上初となるプレフォールコレクションのファッションショーを開催した。会場には藤原ヒロシ、阿部千登勢、滝沢伸介、村上隆、emma、秋元梢、窪塚洋介、登坂広臣など錚々たるメンバーが駆けつけたほか、海外からもA$AP Rocky(エイサップ・ロッキー)、Kate Moss(ケイト・モス)、David Beckham(デビッド・ベッカム)、Bella Hadid(ベラ・ハディッド)ら豪華ゲストが来場し、その歴史的瞬間の立会人となった。

〈Dior〉と日本、そしてKJと日本の関係性には長く、そして豊かな歴史がある。〈Dior〉の創設者であるChristian Dior(クリスチャン・ディオール)は、日本の衣装文化を分析し、様々な服飾的特徴をオートクチュールに落とし込んできた。そして、その伝統を受け継ぐKim Jonesは、自身にとっての第二の故郷であるこの地で、〈Dior〉の色褪せないスタイルに加えて、今日の日本文化のハイパーモダンなリアリティを導き出したのだ。

ランウェイ会場のステージ中央には、先日コラボレーションの可能性を伝えた空山基による超巨大なセクシーロボが鎮座。その空間に呼応する全45体の渾身のルックの中には、同氏とのコラボピースも登場したほか、Matthew M. Williams(マシュー・ウィリアムス)のローラーコースターバックルを応用したアクセサリー類も共に主役を飾り、テーラードやドレスの奥深さとさらなる可能性を感じさせた。

〈Dior〉の2019年プレフォールコレクションの全貌は上のフォトギャラリーから。また、追ってバックステージやフロントロウの様子もお届けするので、お楽しみに。