渋谷PARCO にて先行発売される “DIOR and RIMOWA” カプセル コレクションにクローズアップ

去る2019年6月開催のパリ・ファッションウィークにてお披露目された〈DIOR(ディオール)〉と「RIMOWA(リモワ)」のコラボプロダクト。今回のチームアップでは「RIMOWA」を象徴するアルミ製スーツケースをベースとしたCabin(キャビン)、Trunk(トランク)、Handcase(ハンドケース)、Personal(パーソナル)という4型が並ぶ。本カプセルコレクションは『渋谷PARCO』の〈DIOR〉ポップアップストアにて先行発売されるが、本稿ではそのリリースに先駆け、これらのアイテムのディテールに迫るビジュアルセットをお届けする。

今コレクションの目玉となるのは、ブルー、ブラック、シルバー、ピンクの4色展開となるPersonalであろう。日常使いに適した今アルミニウムケースは、ウォレットのような使い勝手で貴重品や小物類を収納できる仕様に。また、付属するレザー素材のクロスボディストラップにエンボス加工された“CHRISTIAN DIOR”のテキストも見逃せない。残りのCabin、Trunk、Handcaseは、ボディ全面にあしらわれた〈DIOR〉のシグネチャーモチーフ“Dior Oblique(ディオール オブリーク)”柄が最大の特徴となる。メンズ アーティスティック ディレクターのKim Jones(キム・ジョーンズ)の手がけた新生Oblique柄は、これまでにもフットウェアなどの人気アイテムに用いられており、今回の“DIOR and RIMOWA”コレクションでも、ファンの期待通りその中核を担う。また、全てのアイテムに共通して、鮮やかで美しい発色が際立つが、これはアルミニウムに色を直接刻むことで実現しているという。

先述の通り、これらのアイテムは11月22日(金)にグランドオープンする『渋谷PARCO』内の〈DIOR〉ポップアップにて先行発売となる。早速、上のフォトギャラリーから両ブランドの美学と職人技の光るディテールをチェックしてみよう。

そんな『渋谷PARCO』の注目ショップガイドもあわせて確認してみてはいかがだろうか。