DIOR x RIMOWA が Snapchat のARフィルターを発表

去る2019年6月に行われた2020年春夏シーズンのパリ・ファッションウィーク・メンズにて、様々なコラボピースを披露したKim Jones(キム・ジョーンズ)率いる〈DIOR(ディオール)〉とドイツ発の老舗スーツケースブランド「RIMOWA(リモワ)」。そんな両者が、“AR(Argumented Reality/拡張現実)”機能を採用した『Snapchat』フィルターを発表した。

多種多様な顔に変身できる“フェイスフィルター”をはじめ、背景の加工やキャラクターなどを登場させるなど、写真に仮想現実のオブジェクトを配置できる“ワールドレンズ”、そしてスマートフォンのカメラをかざすことで現実世界が拡張したような世界観を体験できる“マーカーテック”の3種類で展開されるこれらのフィルター。カメラに顔を写すだけで、〈DIOR〉のアイコニックなオブリーク柄がオーバーレイされる機能や、現代アーティスト Daniel Arsham(ダニエル・アーシャム)のシグネチャーである“腐食”加工が施された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の車“デロリアン”をスマホの映像に取り込むことができ、車内に隠された〈DIOR〉x「RIMOWA」のコラボクラッチを見つける宝探しゲームまで、様々なコンテンツが用意されている。

これらのフィルターは、〈DIOR〉の新店オープンと〈DIOR〉x「RIMOWA」による新作コラボにあわせて制作されており、ローンチイベントが行われるフランス・パリ、アメリカ・マイアミ、アラブ首長国連邦のドバイを含む地域に限って利用が可能となる模様。

あわせて〈RIMOWA〉を代表するアルミニウム合金製のスーツケース“RIMOWA ORIGINAL”シリーズの新色モデルもお見逃しなく。