感動必至の実写版『ダンボ』の日本版予告編映像が解禁

1941年にアメリカで公開された「Disney(ディズニー)」の名作長編アニメーション作品を実写映画化した話題作『ダンボ』の日本版予告編映像が解禁となった。

2019年3月29日(金)に全米及び日本公開を迎える実写版『ダンボ』を手がけたのは、映画『アリス・イン・ワンダーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』、『シザーハンズ』などを手がけてきた鬼才Tim Burton(ティム・バートン)監督。今回公開された約2分間の日本版予告編では、ダンボがクシャミの勢いで一瞬空に舞い上がる“空を飛ぶ才能”開花の瞬間や母象(ジャンボ)と引き離されてしまう悲しいシーン、そしてママ奪還を決意する瞬間などが切り撮られている。主役はもちろん象のダンボであるわけだが、脇を固める人物たちにもColin Farrell(コリン・ファレル)やMichael Keaton(マイケル・キートン)、Eva Green(エヴァ・グリーン)らといった一流俳優陣を起用。原作アニメファンの方も見たことが無いという方も、感涙必至のその予告編映像を上から確認してみよう。公式Webサイトはこちらから。

その他のエンタメ関連トピックの数々もお見逃しなく。