Dodge が世界最高峰のマッスルカー Challenger SRT Hellcat Redeye を発表

「Chrysler(クライスラー)」が傘下に置く「Dodge(ダッジ)」が、メーカーを代表する人気モデルの新型として、Challenger SRT Hellcat Redeyeを市場に投入する。Challengerは1970年にポニーカー市場に参入し、カーアクション映画の金字塔『ワイルド・スピード』にも度々登場する「Dodge」屈指の名車である。

Hellcat Redeyeは797hp/959Nmという強靭なパワーを擁し、0〜100km/hまでの到達速度はわずか3.5秒、トップスピードは327km/hにまで達する。この世界最高峰のマッスルカーのポテンシャルを引き出すのが、怪物級とも言える2.7リッターの過給式エンジン。そして、二段燃料ポンプ、高性能エアボックス、強力なコネクティングロッドとピストンがそれをサポートする。また、グラマーなフェイスや「Pirelli(ピレリ)」の305/35ZR20タイヤを履いた20インチの鋳造アルミホイールなど、RedeyeでもWidebodyと同じくChallengerの外観的な特徴を踏襲。その完成された外装/内装デザインを是非、上のフォトギャラリーから堪能してみてほしい。

南半球屈指のカスタムビルダー「Patriot Campers(パトリオット キャンパー)」が製造した軍用車顔負けの究極オフローダー、LC200もお見逃しなく。