Dr. Dre と Eminem が語る最初の出会いのストーリー

先日、世界で最も権威ある包括的な英語大辞典としてその地位を確立する『オックスフォード英語辞典(Oxford English Dictionary)』に楽曲タイトルを由来に持つ言葉“Stan”が正式に単語として追加されたことでも話題を集めたヒップホップシーンにおける唯一無二のラッパー、Eminem(エミネム)。そんな彼は“世界で最も影響力のあるヒップホッププロデューサー”とも称されるDr. Dre(ドクター・ドレー)によってその才能を見出されたことは有名な話であるが、今回アメリカのケーブルテレビ放送局「HBO」より、そんな彼らの最初の出会いにフォーカスしたヒップホップファン鳥肌モノの映像が登場。

Dreとその彼の盟友で音楽プロデューサーのJimmy Iovine(ジミー・アイオヴィン)の関係性やその影響を紐解く新ドキュメンタリーシリーズ『The Defiant Ones』のトレーラー映像としてYoutubeに投稿されたその1分強の映像内には、DreとEminem本人が登場。両者がはじめて出会い、当時のDreの自宅内にあったスタジオに共に入ってからの数分間の様子、そしてEminemの代表曲のひとつ“My Name Is”の誕生の瞬間を当時の映像を交えて迫った内容に仕上がっている。映像内の言語(字幕)は英語のみとなるがヒップホップファンならば映像と音楽のみで魂が揺さぶられること間違いなしなので、まずはとにかく上からその映像をチェックしてみよう。

そうして誕生したEminemとDr.Dreのタッグによる名曲“My Name Is”は以下よりチェック。