ドレイクが橋から飛び降りて自殺を図ろうとする男性の説得を申し出る

現在“The Boy Meets World”ツアーで世界を周っているカナダを代表するスーパースター、Drake(ドレイク)。そんな彼がイギリスのマンチェスターにある『Mancunian Way Bridge』という橋から飛び降りて自殺を図ろうとする男性の説得を申し出たことが明らかになった。『Manchester Evening News』によるとDrakeが乗るツアーバスがちょうど橋の近辺を運転していたところ、その男性のせいで渋滞に巻き込まれてしまったという。そしてその男性について聞いた“Drizzy”は、自分がその男性を説得したいと地元警察に申し出たと報じられた。

以下、地元警察によるコメント:

ある警官にツアーバスから降りてきたスタッフが話しかけ、もし助けになるのであればDrake本人が飛び降りようとしている男性を説得してみると提案してくれた。しかし感謝の意を表しつつも、丁重にお断りした。

報告によると、最終的に自殺を図らった男性は無事に橋から保護され、病院に搬送されたという。