Drake がプライベートジャンボジェット “Air Drake” を公開

Drake(ドレイク)が、新たに所有した自家用ジャンボジェット“Air Drake”の全貌をInstagramで公開した。とても個人所有とは思えないほどの巨体は、Drizzyの象徴的なアイコンでラッピングされており、コクピット手前には〈October’s Very Own(OVO)〉のフクロウ、プロペラエンジンには “AIR DRAKE”の文字、そしてリアウィングにはお馴染みの“Pray 6”ロゴをプリント。Drakeはこの機体について「レンタルでもなければ、タイム・シェアでもない」と語り、まさに“格の違い”を見せつけた。

海外メディアの報道によると、Drakeは定期貨物航空会社の「Cargojet(カーゴジェット)」とパートナーシップを締結したようだ。なお、このチームアップはすでに公になっているものの、その詳細は明らかになっていない。

DrakeのIG TVで公開された機体の外部と内側の様子は、以下からご確認を。