Drake が Kanye West がデザインした YEEZY のブーツを着用

Drake(ドレイク)は蜜月関係に見えた〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉との仕事に満足しておらず、Kanye West (カニエ・ウェスト)やPharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)のようなワークスタイルを求め、〈adidas(アディダス)〉移籍を目論んでいるという噂が報じられたばかり。火の無い所に煙は立たないという言葉があるとおり、これはDrake(ドレイク)と近しい関係にあり、スニーカー業界にも深く精通したとある人物が情報源で、同カナダ人ラッパーはスリーストライプスのブランドと会談の機会を設けたと言われている。

そのDrizzyが古くからの友人であり、〈October’s Very Own(オクトーバーズ ベリー オウン)〉でアシスタントを務めるMark Robinson(マーク・ロビンソン)の誕生日会で、“YEEZY Season 4”のブーツを着用していた模様。〈YEEZY(イージー)〉のオリジナルプロダクトは〈adidas〉と直接的な関係はないものの、今回は“前置き”があるため、何事もなかったかのように看過することはできない。果たして、この憶測はどのような結末を迎えるのだろうか。引き続き、Drakeの動向を注視していきたい。

ちなみに、先週リリースされたDrakeの最新EP『Scary Hours』はもう視聴済み?