エデン・アザールのレアル・マドリード移籍が正式発表間近

Eden Hazard(エデン・アザール)のレアル・マドリード移籍が秒読み段階だ。チェルシーの大黒柱としてピッチを舞う#10は、かねてからエル・ブランコ移籍の希望を公言してきた。「UEFAヨーロッパリーグ」ではアーセナルとのビッグロンドンダービーを制し、5年ぶり2度目の優勝に貢献。その直後に「もう決断を下して、両クラブの協議の結果を待っている」と口にしたHazardは、7年間を過ごしたブルーズに置き土産を残し、スペインでの新たな挑戦を示唆していた。

海外各紙の報道によると、遂にHazard念願のレアル移籍が事実上合意に至った模様。移籍金は1億ユーロ(約122億円)となり、出来高次第では1億4,000万ユーロ(約171億円)にまで跳ね上がる可能性を含んでいるという。早ければ本日(現地時間)中に発表という見解もあるが、Hazardは現在ベルギー代表に参加し、カザフスタン代表とスコットランド代表との対戦を控えているため、正式発表は代表ウィーク明けが有力視されている。

移籍といえば、久保建英の動向も気になるところ。先日はバルサの移籍が破断目前でPSG加入の噂が急浮上したが、果たして……。