DL1961 2017年フォールキャンペーンにセンシュアルなデニム姿のエミリー・ラタコウスキーが登場

「パーフェクトなフィットデニム」をコンセプトにしているニューヨーク発のデニムブランド〈DL1961〉が、Jasmine Sanders(ジャスミン・サンダース)やSofia Richie(ソフィア・リッチ)などの’it’モデルたちに続き、今年3月に〈DKNY(ディーケーエヌワイ)〉の新しい“顔”として選ばれた人気モデルのEmily Ratajkowki(エミリー・ラタコウスキー)を新しいキャンペーンモデルとして起用した。今回Emilyが初登場となったキャンペーンヴィジュアルを担当したのは、世界的なモード誌『VOGUE』などの撮影も手がける写真家のBoo George(ブー・ジョージ)。ニューヨークにある5つ星ラグジュアリーホテルの『Plaza Hotel』を舞台に、さまざまなデニムアイテムをEmilyらしくセンシュアルに着こなした姿が撮り切られている。

同ブランドのクリエティブディレクターを務めたSarah Ahmed(サラ・アハメド)は、Emilyについて、「彼女のスタイル、知恵、エッジの効いたモダン感など、Emilyは芯からブランドが想う女性像に合っているわ。彼女は我々のデニムを素敵に着こなしてくれるだけではなく、我々が重要視している女性のエンパワーメント、製品の持続可能性、そして倫理も理解してくれているの」とコメント。

そんなデニムでもセクシー感満載のEmilyを、上のフォトロールよりチェックしよう。