UPDATE:Nike SB x Air Jordan 1 Low の新作 “UNC” モデルをエリック・コストンがお披露目?

UPDATE(2019/08/06):Web版『SNKRS』の更新により、日本国内における発売情報も判明。SB x Air Jordan 1 Low “Dark Powder Blue”モデルとして、8月12日(月)より発売開始。価格は12,960円(税込)。詳細は『SNKRS』の当該ページより確認しよう。

UPDATE(2019/08/05):8月2日(現地時間)の海外展開が濃厚とされていた〈Nike SB〉×Air Jordan 1 Lowの新作“UNC”モデルだが、同日には発売が行われなかった模様。しかし8月10日(現地時間)が海外発売日であることが有力視されているので、気になる方は公式情報をお見逃しなく。

UPDATE(2019/07/31):以下のようにその存在をお伝えした〈Nike SB〉x Air Jornda 1 Lowの新作“UNC”モデルだが、〈Jordan Brand〉の情報をまとめるメディア『j23app』によって、よりその姿を鮮明に捉えたビジュアル及び海外発売日に関する新たな情報が登場。これまでは8月半ば頃のリリースが濃厚とされていたが、新たな情報によると海外では8月2日(現地時間)に『The Canteen』などのアカウントにて取り扱いがスタートする模様。

ORIGINAL(2019/07/30):バスケットボールを軸とする〈Jordan Brand(ジョーダン ブランド)〉と、スケートボードを軸とする〈Nike SB(ナイキ SB)〉。〈Nike〉内部での異色の連携プレーとして、使用するうちに塗装が剥がれてデザインが変化するAir Jordan 1 Highや、つま先にJumpman(ジャンプマン)ロゴが刺繍されたAir Jordan 1 Lowが2019年内にリリースされてきたが、今回はさらなる新作と思しき1足の存在が明らかとなった。

カリスマプロスケーターのEric Koston(エリック・コストン)が着用している姿からその存在が明らかとなったのは、爽やかな配色が目を引く“UNC”デザインのAir Jordan 1 Low。“UNC”とは“University of North Carolina(ノースカロライナ大学)”を意味しており、“バスケの神様”とも称され、〈Jordan Brand〉のアイコンであるMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)の母校。そのスクールカラーから着想を得たライトブルー/ホワイトの配色こそが“UNC”デザインとして知られており、〈Jordan Brand〉にとっては特別なデザインなのである。

そして今回姿を現したのが、そんな“UNC”カラーを用いて、バスケットボールシューズである〈Jordan Brand〉のAir Jordan 1 Lowをベースとした、〈Nike SB〉によるスケートシューズ。まだ公式な発売情報は不明なままだが、2019年8月中の発売が噂されているので気になる方は公式情報を見逃さないようにしよう。

『HHHYPE』がお届けするその他の最新フットウェア関連ニュースの数々もお見逃しなく。