adidas とのコラボも発表された Études 2018年秋冬コレクション舞台裏の様子をチェック

世界中のファッショニスタたちが大集結するファッションウィーク期間中に発表された、注目ブランド〈Études(エチュード)〉による2018年秋冬コレクション舞台裏の様子がフランス・パリから到着。

〈Études〉は、2012年に発足したパリとアメリカ・ニューヨークに拠点を置くファッションブランドでもあり、出版社としての機能も持ち合わせるクリエイティブスタジオ。モードやストリート、テーラード、ミリタリーなどといった様々なファッション要素をブランド独自の美学の元に絶妙なバランスで織り交ぜ、アート性とジャーナリズムが同居したコンテンポラリーなアパレルアイテムで世界的な人気を獲得をしている同ブランドだが、その“Number 13”と題された2018年秋冬コレクションでは〈adidas(アディダス)〉とのコラボレーションを発表。ジャーナリストや軍人が好むような機能的ウェアをブラッシュアップさせた新作アイテムが数多く登場するなか、〈adidas〉とのコラボアイテムとしてアウトドアシューズのTerrexをベースにしたオールブラックのコラボフットウェアやその他アパレルアイテム数点がお披露目された。それらのアイテムの姿を捉えた写真を含む〈Études〉2018年秋冬コレクションのバックステージの様子を上のフォトギャラリーから確認してみよう。

その他今季のパリ・ファッションウィーク・メンズ関連の記事はこちらからご確認を。