F-LAGSTUF-F より“破壊”と“実験”をテーマに掲げた2019年春夏ルックブックが到着

『JOURNAL STANDARD (ジャーナルスタンダード)』にて限定展開を迎えた〈Converse(コンバース)〉とのコラボフットウェアや〈OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)〉との初コラボレーションなど、様々なトピックをファッションシーンに立て続けに投下している東京発の気鋭ストリートブランド〈F-LAGSTUF-F(フラグスタフ)〉より、2019年春夏シーズンの最新ルックブックが到着。

“An uncategorizable genre(何にもとらわれないボーダレスな物づくり)”をコンセプトに掲げる同ブランドが2019年春夏季にテーマに設定したのは“DESTRUCTION LABORATORY”。“DESTRUCTION”とは日本語で“破壊”、“LABORATORY”とは“研究所”の意であり、“DESTRUCTION”をテーマにしたグラフィックと実験的なミリタリーディテールを取り入れた“LABORATORY”のダブルテーマとなっている。そのラインアップには、オリジナルのマルチバンダナ柄、マルチX線柄、fireworks柄、ストーリー柄などといった柄使いや、コラージュによって生み出されたエッジーなグラフィック使いが映えるアイテムに、装飾ジップとミリタリーテープのカラビナループなど、アウトドアミリタリーのアプローチでさらなる色付けを行ったアイテムが豊富なボリュームでスタンバイ。更に2019年春夏季では日本人画家の金子富之氏とのコラボレーションも果たしている。

『HHHYPE』がお届けするその他のファッション関連トピックの数々もお見逃しなく。