原宿 FAN で当時の古着と雑誌を同時販売し“裏原カルチャー”を紐解くポップアップを開催

『HHHYPE(ハイプビースト)』が厳選した“原宿で行くべきセレクトショップ”でもピックアップさせていただいた『FAN(ファン)』で、“裏原”全盛期の古着とその時代を記録した今では入手困難な当時の雑誌を同時に販売する、前例のない垂涎のポップアップイベントが開催される。

参加店舗の『Blue Room』は今年3月に原宿にオープンしたアーカイブストアで、裏原全盛期におけるプレミアが付くほどレアであったアイテムをメイン商材に、裏原リアルタイムでない20代前半の感覚で新たな古着の価値観を見い出し提案するブレイク必死の店舗。藤原ヒロシやSKATE THING(スケートシング)らが設立した〈GOODENOUGH(グッドイナフ)〉を筆頭に、〈RECON(リーコン)〉に〈SUBWARE(サブウェア)〉、さらには裏原の起源とも言える『NOWHERE(ノーウェア)』の古着などを所有し、ギークな接客をしているその世代でのマイノリティで新たな才能である。

一方、移動型書店の『tunelessmelody』も神出鬼没にコアな動きをする、知るひとぞ知る存在。リアルタイムで裏原カルチャーを経験したオーナー・堀田氏のマニアックなフィルターを介してセレクトされた今となっては手に入らない90年代のカルチャー・ファッション雑誌を多数所有しており、今回は当時の古着と同時に販売することで、書籍を説明書として照らし合わせながら、文化的価値を持つ裏原時代のアイテムを新たなヴィンテージとして定着させていく。

今なお語り継がれ、Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)らも憧れる裏原の歴史、そして藤原ヒロシ、NIGO®️(ニゴー)、高橋盾など東京ストリートの重鎮たちの軌跡を辿れば、現代のストリートカルチャーがどのような経緯で誕生したのかが見えてくることだろう。『FAN』にて開催される必見のポップアップイベント“blue print”は、7月27日(土)から8月4日(日)まで開催。原宿に訪れた際には是非足を運んでみてはいかがだろうか。

Blue Room x tunelessmelody “blue print” Pop-Up Shop @FAN
住所:東京都渋谷区神宮前3-22-1神宮前スクエア102
Tel:03-6447-4566
営業時間:12:00-20:00
会期:7月27日(土)〜8月4日(日)