スペイン王者 FCバルセロナが過去にオマージュを捧げる2019-20シーズンの3rdユニフォームを公開

Lionel Messi(リオネル・メッシ)擁するスペイン王者・FCバルセロナとそのジャージサプライヤーである〈Nike(ナイキ)〉が、現在進行中の2019-20シーズンにおける3rdユニフォームのデザインを公開した。

先日お伝えしたインテルのユニフォーム同様、過去へのオマージュがテーマとなっている今シーズンの3rdユニフォーム。印象的なエメラルドグリーンのカラーリングは、“怪物”の異名を持つブラジル人FW・Ronaldo(ロナウド)が47ゴールを記録し、2冠を達成した1996-97シーズンのアウェイユニフォームから着想を得たもの。レトロな雰囲気漂うVネックを採用した首元は、バルサを象徴するレッドとブルーからなる“Blaugrana(ブラウグラナ)”で彩られるほか、ボディ全面にはダイヤモンドパターンのチームエンブレムと〈Nike〉のスウッシュロゴを配置。過去への敬意を感じさせるユニフォームデザインに仕上がっている。

新3rdユニフォームに関して、同チームに所属する守備の要 Gerard Piqúe(ジェラール・ピケ)は以下のように語っている。「このユニフォームを見れば、Ronaldo、Guardiola(グアルディオラ)、Stoichkov(ストイコビッチ)、Luis Enrique(ルイス・エンリケ)など、過去にバルセロナに所属していた数々の偉大なプレーヤーたちが思い返される。そんなユニフォームを着用し、国内外で勝利を収めてファンに喜びをもたらすことは光栄なことだ」

こちらのプロダクトは、9月13日(現地時間)より〈Nike〉の公式オンラインストアにて発売となっている。

『HHHYPE』がお届けするその他スポーツ関連の情報もお見逃しなく。