FILA が90年代の NBA を代表する名選手 グラント・ヒルと生涯契約を締結

NBAを長く追っている方にとっては、Grant Hill(グラント・ヒル)がどれほどの選手だったかの説明は不要かもしれない。現在では “LeBron James(レブロン・ジェームズ)の前のLeBron James”と称されるほど、全盛期のHillは圧倒的な支配力を誇っていた。1994年にデトロイト・ピストンズに入団したHillは、その華麗なプレーと友好的な人柄によって、Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)不在のNBAで瞬く間にファンの心を掴んだ。同シーズンのオールスターゲームでは、新人ながらファン投票トップという偉業を成し遂げており、これは後にも先にもアメリカ四大スポーツ史上初の快挙。翌シーズンはMichael Jordanが本格的にNBAに復帰し、シカゴ・ブルズの第2黄金期が始まるわけだが、その年のオールスターでもJordanを抑えファン投票トップの座をキープ。このエピソードからもHillの当時の人気っぷりが伺えるだろう。

そんなHillが、ルーキー時代から数年に渡り着用した〈FILA(フィラ)〉と生涯契約を締結。今回が再契約となる〈FILA〉とHillのタッグは、1990年代にGrant Hill 1とGrant Hill 2というバッシュ史上に残る爆発的なヒット作を世に送り込んでいる。これらのモデルは、その斬新なデザイン性からラッパー勢にも人気が高く、かの2Pac(トゥパック)がGrant Hill 2を愛用していたのは有名な話である。昨今の90年代ブームによって、レトロな〈FILA〉のスニーカーが再び注目を集めるなか、今後のGrant Hillと〈FILA〉のリユニオンプロジェクトに要注目だ。

あわせて、『HHHYPE』がお届けする最新のフットウェア情報もお見逃しなく。