今季より再始動する FIRST DOWN が2ヶ月限定のポップアップを開催

1990年代のヒップホップカルチャーを語る上で欠かせないダウンジャケットブランド〈FIRST DOWN(ファーストダウン)〉が、気鋭クリエイターらを招聘した2ヶ月限定のポップアップストアを東京青山の『OPEN STUDIO ANNEX』にオープン。

〈FIRST DOWN〉が展開するダウンジャケットは、高い機能性と優れたデザインで、アウトドアウェア、タウンユースウェアとして、感度の高い若者やミュージシャンを筆頭に多くのファンを持ち、1990年代のアメリカ・ニューヨークを象徴するアイテムの一つとなった。2018年秋冬シーズンから再スタートを切る同ブランドは、当時の定番モデルを現代的なシルエットにアップデートさせた復刻版をリリースする。

今ポップアップは、2ヶ月間の開催の中で1ヶ月ごとにアイテムと店内の内装が入れ替わる形式。第一弾は、同ブランドの愛用者の一人でもある気鋭ヒップホップアーティストのZEN-LA-ROCKとタッグを組んで、〈FIRST DOWN〉のルーツでもある1990年代を感じさせる部屋を再現。ZEN-LA-ROCKが解釈する当時のシーンと〈FIRST DOWN〉が交差するここでしか見られない空間を展開する。第二弾では、『UNITED ARROWS & SONS(ユナイテッドアローズ アンド サンズ)』のディレクターも務める小木“Poggy”基史が招聘した世界有数のクリエイターたちが手がける今ショップでしか入手できないアイテムが販売される模様。

今ポップアップストアは、第一弾が11月3日(土)〜11月30日(金)、第二弾が12月上旬〜12月25日(火)より『OPEN STUDIO ANNEX』にて期間限定で開催。ファッションから派生する新たなを世界観を体感すべく、この機会に足を運んでみてはいかがだろうか。

『HHHYPE』がお届けする最新ファッション情報もお見逃しなく。