Forbes が次代を担う30歳未満の30人を選出する恒例企画 2019年度版を発表

アメリカ経済誌の権威『Forbes』の恒例企画、次代を牽引する30歳未満の若者たち30人を表彰する“30 Under 30”の2019年度版が発表された。

ジャンル別に30歳未満の30人を選ぶ同アワード。昨年はLil Uzi Vert(リル・ウージー・ヴァート)やTumblrのCEOであるDavid Karp(デビッド・カープ)らが選ばれていたが、今年も現在をときめくアーティストや俳優などを多数選出。ラッパーのPost Malone(ポスト・マローン)、Lil Pump(リル・パンプ)、シンガーソングライターのBillie Eillish(ビリー・アイリッシュ)、 俳優のTimothée Chalamet(ティモシー・シャラメ) らに加えて、NBA選手のBlake Griffin(ブレイク・グリフィン)、スケーターのNyjah Huston(ニーヤ・ヒューストン)、LA発のストリートブランド〈RHUDE(ルード)〉を手がけるRhuigi Villaseñor(ルイージ・ビラセノール)も名を連ねている。全リストはこちらよりご確認を。

2018年度版の“世界で最も稼ぐラッパーランキング”はチェック済み?