フランク・オーシャンのアートワークに盗作疑惑が浮上

現在最もクリエイティブなアーティストの一人として知られるFrank Ocean(フランク・オーシャン)になんと盗作疑惑が浮上。先週Twitterにて、「Apple Music」上のラジオステーション『Beats 1』で放送されるFrankのラジオ番組『blonded RADIO』のアートワークがドイツ人エレクトロニックアーティストJesse Osborne-Lanthier(ジェシー・オズボーン・ランティエ)とGrischa Lichtenberger(グリシャ・リヒテンベルク)によるプロジェクト“Conversation Sur Lettres Mortes”のポスターの盗作だとの投稿があった。投稿された写真を見てみると、そのポスターの中の男性の写真がFrankの『blonded RADIO』のアートワークと驚くほどそっくりであることがわかる。最近、Frankはアラバマ州の『Hangout Music Fest』、ワシントン州の『Sasquatch! Music Festival』、そして先週バルセロナで開催された世界屈指のフェス『Primavera Sound Festival』などヘッドライナーとして出演予定だったフェスティバルをキャンセルし続けており、制作上の遅れを理由としているがファンからは心配の声があがっている。なお、この盗作疑惑についてFrankからの反応はまだないようだ。ファンにとっては信じがたいニュースだが、下のTwitterからFrankのアートワーク(上の投稿と、下の投稿・下側と左側)と盗用元と考えられているポスター(下の投稿・上側と右側)の写真を確認してみよう。