富士フイルムが新開発2424万画素センサー搭載の小型軽量新ミラーレス X-A5 を発表

「富士フイルム」が独自の色再現技術で卓越した写真画質を実現するXシリーズより、ミラーレスカメラの新しいエントリーモデル“X-A5”を発表。361gという小型で超軽量のボディには、像面位相差AFに対応した新開発2424万画素センサーと、処理速度が1.5倍に向上した画像処理エンジンを搭載。さらにはBluetoothによる画像・動画の自動転送機能 、4K動画撮影、180度回転のタッチパネル式液晶モニターなど、日常の気軽なスナップから旅の記録、本格的な作品撮影まで、あらゆるシーンで活躍するオールラウンドな一台となっている。

電動ズーム機能を初搭載した小型軽量の”XC15-45mm f/3.5-5.6 OIS PZ”が付属するレンズキットは、2月15日(木)発売予定で直販サイト価格は80,460円(税込)。また、カメラ本体は64,260円(2月22日発売)、レンズのみは41,500円(3月15日発売)となる模様だ。なお、レンズはブラックとシルバーの2色展開、ボディーは、ブラウン・ピンク・ブラックの3タイプとなる。

併せて、スウェーデンの名門カメラメーカー「Hasselblad(ハッセルブラッド)」が発表した驚異の4億画素を誇るマルチショットカメラ“H6D-400c MS”もチェック。