丸龍文人が Pitti Uomo で開催した COMME des GARÇONS 退社後初のランウェイの舞台裏に潜入

丸龍文人の帰還は、2019年春夏シーズン最大のトピックのひとつだった。〈COMME des GARÇONS(コム デ ギャルソン)〉退社から約2年の時を経て、同氏は自身の名を冠した〈FUMITO GANRYU(フミト ガンリュー)〉を「Pitti Uomo(ピッティ ウォモ)」の“Designer Project”で発表。幸運にも、『HHHYPE』はこの新たな船出となるランウェイの舞台裏に潜入する機会を得ることができた。

1stコレクションに言及する前に、〈GANRYU〉の時代を振り返ってみたい。シャツ、デニム、テーラードジャケットなど、ベースとなるカジュアルウェアは決して新鮮味を感じるものではない。だが、丸龍氏の手にかかれば、それらの洋服はモードに寄っていくのではなく、文字通り“昇華”されてしまうのだ。かつて『Union(ユニオン)』のChris Gibbs(クリス・ギブス)も「COMME des GARÇONSファミリーの中で最も完璧なブランドだ。なぜなら、GANRYUはストリートウェア、ワークウェア、ハイファッションを融合しているからである」と『BoF』の中で同氏のクリエイションを手放しに賞賛。それだけ、〈GANRYU〉はどこよりも早く、ランウェイからストリートにリーチしていたのだ。

〈FUMITO GANRYU〉のデビューコレクションは、会場に水の逆光写真が飾られた空間でお披露目を迎えた。ランウェイでは極限までクリーンに仕立てられたスポーツウェアが随所で登場し、カトリックの衣装を彷彿とさせるオーバーサイズのフーディや半透明のクリアベルトを採用したサンダルがキーピースに。そのシルエット美には誰しもが「シーンに丸龍文人が帰ってきた」と感じたことだろう。

〈FUMITO GANRYU〉初のコレクションの細部に迫るバックステージフォトは、上のフォトギャラリーから。取扱店舗などの詳細は、@fumitoganryuなどを含め、ブランドからのアップデートを待とう。

あわせて、ロンドンファッションウィーク・メンズ期間中に敢行したストリートスナップもお見逃しなく。