中国・深圳で開催された Futura のポップアップ “Right Here, Right Now” に潜入

去る2019年11月、東京・表参道の『The Mass Gallery』にて開催された約20年ぶりとなる日本での個展“Generation Z”も記憶に新しい、伝説的グラフィックアーティスト Futura(フューチュラ)。そんな彼による最大規模のアートエキシビジヨン/ポップアップ“Right Here, Right Now”が、中国・深圳(シェンジェン)にて幕を開けた。

同市を代表とする複合型文化施設『Q-Plex』にて開催中の同イベント。およそ465平方メートルの総面積を誇る広々とした空間には、Futuraを象徴する“Pointman(ポイントマン)”をモチーフとし、ペインティングから彫刻、インスタレーションといった様々なアプローチで表現されたアートワークが並ぶ。ダークブルーやパープルといったライティングが用いられた館内は、幻想的でフューチャリスティックな雰囲気を醸し、Futuraの世界観を体現したかのようなスペースに。

また本展の開催期間中は、マーチャンダイズはもちろんのこと、自身の手掛ける〈Futura Laboratories(フューチュラ ラボラトリーズ)〉による最新アパレルピースも幅広く展開。そんな“Right Here, Right Now”展は、2020年1月19日(現地時間)まで、前述の『Q-Plex』にて開かれる模様。期間中、お近くに滞在予定のある方は、是非とも足を運んでみてはいかがあろうか。

『HHHYPE』がお届けするその他のアート情報もお見逃しなく。