G-SHOCK の原点と進化を表す GMW-B5000 の真の魅力に迫る

1983年に誕生以来、“タフネス”を追求し進化を続ける日本発のグローバルウォッチブランド〈G-SHOCK(ジーショック)〉。ブランド設立35周年を迎えた2018年に登場したフルメタル仕様のGMW-B5000は、業界内でも愛用者が多く今尚注目される人気モデル。本稿では、そんな新世代を魅了するGMW-B5000の真の強さに迫る独占エディトリアルを公開。

同ブランドのファーストモデルとして1983年に初登場したスクエアデザインのDW-5000C。そのアイコニックなフォルムはそのままに、堅牢なフルメタルの装備を施したのがこのGMW-B5000だ。“外装の進化”、“構造の進化”、“モジュールの進化”をコンセプトに、ケースのフルメタル化を実現。ベゼル天面やバンド部をヘアラインで仕上げることでメタルの質感を最大限に引き出し、高級感のある落ち着ついたムードを演出。さらに、最も衝撃が加わるバンド取り付け部には、高い耐衝撃性を誇るTROGAMID®(トロガミド®)を採用しているほか、高輝度なフルオートLEDライト、スマートフォンリンクなど、クラシックなルックスと先進的な機能性に兼ね備えたモデルに。

ストリートからモードなスタイルまで手元のアクセントとして映える、上品かつ武骨なデザインのGMW-B5000。身に纏う者の魅力を引き出す〈G-SHOCK〉の新たな定番モデルを、今回『HHHYPE』が独自の視点で撮り下ろした。早速、上のフォトロールからそのビジュアルをチェックし、着用アイテムのディティールは下からご確認を。

その他〈G-SHOCK〉関連の最新トピックはこちらから。

[問]カシオ計算機株式会社
Tel:03-5334-4869
Web:https://g-shock.jp/products/origin/gmw-b5000/