Gap が最新コレクションでアーカイブロゴをリミックス

アメリカンカジュアルを代表するブランド〈Gap(ギャップ)〉 が、今年もブランドのヘリテージを体現するカプセルコレクションを発表。昨年は90年代の人気アイテムを復刻した“The ‘90s Archive Re-Issue”をリリースし大好評となったが、そんな〈Gap〉が2018年に打ち出す最新カプセルコレクションは“Archive Reissue: Logo Remix Collection(アーカイブ・リイシュー:ロゴ・リミックス・コレクション)”だ。

過去50年近くの間に登場したロゴデザインを、Tシャツ、スウェットシャツ、ラグビーシャツといった〈Gap〉のシグネチャースタイルに落とし込み、ブランドの進化の過程を紡いでいる。ダメージ加工も施し、個性的なデザインにリミックス(=再編集)された同コレクションは、キャンペーンに参加した人物たちも個性的だ。コレクションの世界観を伝えるイメージビデオには、グラミー賞候補の歌手SZA(シザー)、映像の音楽のリミックスも手がけた Metro Boomin(メトロ・ブーミン)ほか、日本からはあの渡辺直美がキャスティングされるなど、ユニークな才能が集められている。

Florence and the Machine(フローレンス・アンド・ザ・マシーン)、や Jessie J(ジェシー・J)などのミュージックビデオを手がけたTabitha Denholm(タビサ・デンホルム)によるハッピーな〈Gap〉らしいキャンペーン映像もさることながら、注目したいのはメイキング映像。キャストたちがカルチャーのリミックスに対する自分の思いを語る様子や、オフショットをコラージュ風にリミックスしたメイキングビデオを担当したのは、ブルックリンのデザイン集団 The Madbury Club(ザ・マドベリー・クラブ)だ。上のプレーヤーよりそのメイキング映像を、そして以下より、Tabitha Denholmによるキャンペーンビデオをチェックしてみよう。“Archive Reissue: Logo Remix Collection”は 1月29日(月)より〈Gap〉オンラインストアで先行発売。翌30日(火)より、全国の〈Gap〉ストアでリリースとのこと。詳細はオフィシャルサイトへ。

その他の最新ファッションニュースもお見逃しなく。