イラストレーター金安亮 x Goodhood x BEAMS T がイギリスの伝説的ミュージシャンにトリビュートを捧げるコラボコレクションをリリース

ロンドンのライフスタイル/ストリートウェアショップ『Goodhood』が、その独特のタッチで人気を博し各方面に引っ張りだこの日本人イラストレーターの金安亮、『BEAMS T』をコラボレーターに迎え、カプセルコレクションを制作した。

その注目のコラボコレクションにはTシャツ、ロングスリーブTシャツ、フーディ、スウェットシャツ、トートバッグ、フレーム付きのプリントがラインアップ。各アイテムに、イギリスの音楽/芸術を語る上では欠かせないアイコニックなアーティストたちにトリビュートを捧げるイラストが描かれた。

今回金安氏が描いたのは、マンチェスターのパンクバンドJoy Division(ジョイ・ディビジョン)のボーカリストで23歳という若さで他界したIan Curtis(イアン・カーティス)、同じくマンチェスターのロックバンドThe Smiths(ザ・スミス)のフロントマンMorrissey(モリッシー)、Damon Albarn(デーモン・アルバーン)率いるBlur(ブラー)、グラスゴーのロックバンドPrimal Scream(プライマル・スクリーム)のボーカルBobby Gillespie(ボビー・ギレスピー)、ロンドンの現代美術家コンビGilbert & George(ギルバート アンド ジョージ)など。また、MorrisseyのロングスリーブTシャツの左袖にはThe Smithsの名曲“This Charming Man”のタイトルがプリントされ、BlurのTシャツとトートバッグには同バンドの名盤『Parklife』のタイトルにピンクの文字で“Modern”が付け加えられた。コラボコレクションは現在『Goodhood』のウェブストアにて販売中とのこと。詳細はこちらからご確認を。

『Goodhood』では10周年を記念した〈have a good time(ハブ ア グッド タイム)〉とのコラボレーションアイテムも発売中なので、こちらもお買い逃しのないように。