ロンドンの名門セレクトショップ Goodhood より70年代スケートカルチャーに傾倒した2018年春夏ルックブックが到着

ロンドンの老舗リテーラー『Goodhood(グッドフッド)』が、同ショップで取り扱う2018年春夏アイテムに焦点を当てた最新ルックブックを発表。“Locals Only”と題された今エディトリアルでは、アメリカ西海岸・ベニスビーチの伝説的スケート集団、Z-BOYSの元メンバーによって1970年代に設立されたブランド〈DOGTOWN(ドッグタウン)〉のスピリットの表現。パターンシャツ、ルーズフィットパンツを中心にレザージャケットやバンダナ、ハット類を用いて、オールドスクールなスケートカルチャーの空気感漂うスタイリングを提案している。

〈NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)〉、〈WACKO MARIA(ワコ マリア)〉、〈Needles(ニードルズ)〉といった世界基準の日本ブランドを筆頭に、〈Gosha Rubchinskiy(ゴーシャ ラブチンスキー)〉、〈CMMN SWDN(コモン スウェーデン)〉、〈Norse Projects(ノース プロジェクツ)〉、〈Brain Dead(ブレイン デッド)〉などの今季のキーアイテムを要所要所でフィーチャー。またサングラスやフットウェアには、〈sun buddies(サン バディーズ)〉、〈Super By Retrosuperfuture®(スーパー バイ レトロスーパーフューチャー)〉、〈Converse(コンバース)〉のアイテムをセレクトしている。

まずは上のフォトロールより各ルックを確認し、気になるアイテムがあれば『Goodhood』のオンラインストアもあわせてチェックしてみては?

〈adidas(アディダス)〉の最新フットウェア X18が主役を飾る東京ベイサイドで撮影したオリジナルルックブックや、『HHHYPE』限定公開となる〈FACETASM(ファセッタズム)〉のファッションストーリーなどもお見逃しなく。