Google マップがユーザーの声を反映し生まれ変わる

今やどこに出かけるにも必要不可欠なほど日常生活に溶け込んだ地図アプリの『Google マップ』。2005年に日本向けのサービスを開始した『Google マップ』であるが、今回、ストリートビュー画像や交通機関を含む第三者機関から提供される情報、最新の機械学習技術、地域のユーザーからのフィードバックなどを活用し、近日中に大規模なアップデートを行なうようだ。

具体的には、これまでの“次を右折”といった表現から“コンビニで右折”といった具合によりわかりやすい徒歩ナビゲーションに変更され、さらにはより便利な乗換案内やダウンロード可能なオフラインマップなどの機能が加わる模様。新たな『Google マップ』は今後数週間以内に提供を開始する予定。『HHHYPE』がお届けするその他テック関連の情報もお見逃しなく。