GR8 から創造力の可能性をファッションで描いた2019年秋冬のルックブックが到着

世界有数のセレクトショップ/ブティックとして、ファッション界にその名を轟かす『GR8(グレイト)』。『ラフォーレ原宿』内で拡張を続ける同ストアを目当てに来日するファッショニスタも後を絶たないほど、その影響力は絶大だ。そんな『GR8』の手がける2019年秋冬の最新ルックブックが到着した。

創造力の可能性をデザイナーの想いを通じファッションで表現したという今回のエディトリアル。撮影は、その瞬間の空気をまるでグラフィック・デザインのように切り取るフランス・パリ在住のファッション・フォトグラファー Alexandre Gaudin(アレクサンドル・コーダン)が担当している。スタイリングは『GR8』で取り扱いのある、〈RETROSUPERFUTURE(レトロスーパーフューチャー)〉〈D.TT.K〉〈A-COLD-WALL*(ア・コールド・ウォール)〉〈Heron Preston(ヘロン プレストン)〉、韓国発の気鋭ブランド〈KANGHYUK〉〈GmbH〉〈Salomon(サロモン)〉〈Kiko Kostadinov(キコ・コスタディノフ)〉x〈ASICS(アシックス)〉〈Martine Rose(マーティン ローズ)〉〈Raf Simons(ラフ シモンズ)〉x〈EASTPAK(イーストパック)〉、先日リリースされた〈COME TEES(カム ティーズ)〉と『Big Love Records』のコラボアイテムなど、定番からニューカマーまで様々なブランドを大胆にミックス。早速の上のフォトギャラリーから、そのルックをチェックしてみよう。

『HHHYPE』がお届けするその他最新のファッション情報もお見逃しなく。