第62回グラミー賞のノミネーションが発表

世界で最も権威ある音楽賞として知られる「Grammy Awards (以下、グラミー賞)」。去る11月20日(現地時間)、2020年度で62回目を迎える同授賞式のノミネーションが発表された。

今回は、各ジャンルの新人アーティストたちが多く選出されている。“Juice”や“Truth Hurts”といった曲を連続でヒットさせたビックサイズの女性歌手/ラッパーのLizzo(リゾ)は、初ノミネートにして8部門に名を連ねる最多ノミネートを記録。その次は、全米シングルチャートで歴代最長の19週連続1位に輝いた新鋭ラッパーLil Nas X(リル ナズ X)と17歳の個性派シンガーソングライターBillie Eilish(ビリーアイリッシュ)がそれぞれ6部門にノミネート。特に、Lizzoと共に、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀アルバム賞、最優秀新人賞の全てに立候補されたBillieは、主要4部門にノミネートされる史上最年少のアーティストとなった。これは、1990年に20歳だったMariah Carey(マライア・キャリー)の記録を塗り替えるものだという。

また、日本でも絶大な人気を誇るAriana Grandeや、Taylor Swift(テイラー・スウィフト)、Beyoncé(ビヨンセ)なども主要4部門にノミネートされるほか、お騒がせ女性ラッパーのCardi B(カーディ B)、イギリスを代表する世界的シンガソングライターのEd Sheeran(エド・シーラン)などもそれぞれ複数の部門で名を連ねている。

2020年の1月26日(現地時間)に開催される第62回グラミー賞の候補者一覧(主要4部門)は、以下のリストからご確認し、詳しいノミネート候補については公式ホームページにてチェックしよう。

年間最優秀アルバム賞

Bon Iver(ボン アイバー)- i,i
Lana Del Rey(ラナ デル レイ)- Norman Fucking Rockwell!
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)- WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?
Ariana Grande(アリアナ・グランデ)- thank u, next
H.E.R.(ハー)- I Used to Know Her
Lil Nas X(リル ナス X)- 7
Lizzo(リゾ)- Cuz I Love You (Deluxe)
Vampire Weekend(ヴァンパイア・ウィークエンド)- Father of the Bride

年間最優秀レコード賞

Bon Iver(ボン アイバー)- “Hey, Ma”
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)- “bad guy”
Ariana Grande(アリアナ・グランデ)- “7 Rings”
H.E.R.(ハー)- “Hard Place”
Khalid(カリード)- “Talk”
Lil Nas X (リル ナス X)f/ Billy Ray Cyrus(ビリー レイ サイラス)- “Old Town Road”
Lizzo(リゾ), “Truth Hurts”
Post Malone(ポストマローン)and Swae Lee (スウェイ・リー)- “Sunflower”

年間最優秀楽曲賞

Lady Gaga(レディーガガ)- “Always Remember Us This Way”
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)- “bad guy”
Tanya Tucker(タニヤ・タッカー)- “Bring My Flowers Now”
H.E.R.(ハー)- “Hard Place”
Taylor Swift(テイラー・スウィフト)- “Lover”
Lana Del Rey(ラナ デル レイ)- “Norman Fucking Rockwell”
Lewis Capaldi(ルイス・キャパルディ)- “Someone You Loved”
Lizzo(リゾ)- “Truth Hurts”

最優秀新人賞
Black Pumas(ブラックピューマズ)
Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)
Lil Nas X(リル ナス X)
Lizzo(リゾ)
Maggie Rogers(マギー・ロージャス)
Rosalía(ロザリア)
Tank and the Bangas(タンク アンド ザ バンガス)
Yola(ヨーラ)